スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスカルゴ

フランスで消費されるエスカルゴの80%程が日本で飼育されているものだとか。


世界のジョークで日本人がフランスへ行った時に
「かたつむりなんかを~」
ってネタがあるけど、そのかたつむりは日本産という皮肉。


イギリス料理は、実際に向こうに行った時に不味さを実感したので、否定しません。
パンを口に入れたら、口の中に異臭が広がった瞬間の事は忘れません。
私は辛うじて飲み込んだが、一緒に行ってた支店の事務員さんは思いっきり、それはもう「漫画かこれは!?」って勢いで噴き出しましたから。
翌日、ホテル側に日本人が経営している料理屋さんを見付けて行ってみたら、「これならなんとか…」というレベルの食事にありつけた事実。



味オンチは感染する、の…か?、と2人して本気で疑いました。
そりゃもう、仕事の話そっちのけで味オンチ論議でしたよ。



後日、単に関東風味付けなだけだという事が判明。
薄味に慣れた九州人には関東風味付けも少々辛いです。
正味、中原中也マニアな私ですが、山口でうどんを食べた時、味付けが違いすぎて汁が飲めませんでした。
関門海峡を越えただけでこうなのだから、関東風味付けが苦手なのは生暖かい視線で容赦して下さい。。。

ま、本州と同じ理論で沖縄に道路造ったら珊瑚を殺す事になっちゃったよ、テヘッ★的論理です。
日本は細長いので、味に関しても色々変わってくるんです。
北海道から福岡に転勤した人が、福岡の冬の寒さに驚くような感じです。
なんか違うけど。








ティノも枢軸なんだから、本家様でもっと絡んでくれないかな。。。
旦那と別居してた時になるけど。
モイモイ好きなので。
や、旦那とセットだともっと萌えなんですが、ていうか旦那萌えなんだけど、フィンランドも枢軸だって事、色々なところで忘れられている気がします。
ティノが加われば数字9のお花パワー上昇。


旦那とティノが意見を違えて、それぞれが信じる道の為に進んだ、っていうのも何かと萌えるんです。
それでも結局はティノは旦那のところに戻るんですが。
つーか、単純にティノ好きです。


ティノのとこのサンタ養成学校のカリキュラムを調べましたが、あまりの厳しさに実はティノって隠れSなんじゃないかと思った。
無事卒業できる確率が…………筆舌し難い。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。