スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の日本内閣総理大臣

中川昭一氏の死去を知ったのは16時の休憩時間でした。
仕事の合間、遅めのランチタイムで携帯ニュースを確認していた際、その一行に目が止まりました。

中川昭一氏と聞き、日本国民は何を思う事でしょう。

日本を愛し、日本を守り、日本の為に散った政治家。
自らの身をまさしく削り、日本を大切に慈しんで下さった方を失い、これからの日本はどのような道筋を辿るのでしょうか。
56歳という政治家としても、一人の働き盛りの日本人としても若い命が散った今を粛々と受け止めるばかりです。

「日本が危ないから」、と残された言葉はあまりにも重く、そして決して無視出来ない大切な一言です。
その言葉を改めて読み、日本は本当に大切な人物を失ってしまったのだと、強く実感致します。
スポンサーサイト

テーマ : 政治
ジャンル : ニュース

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。